text2html
[ class tree: text2html ] [ index: text2html ] [ all elements ]

Class: trans

Source Location: /trans.php

Class Overview


text to html transform class


Author(s):

Version:

  • CVS: $Id:$

Copyright:

  • 1997-2009 Akio Tenman

Variables

Methods



Class Details

[line 205]
text to html transform class

この、trans というクラスファイルは、html入力補助機能と、自分専用の記法を 使って効率のよい編集ができるように作成したPHPのクラスファイルで、PHP5で 動作します。

このクラスを使うと、外部のファイルにアクセスして、レスポンスを使うことが できるようになります。 自分のサイトや、APIサービスなどの情報に変換するということが可能になります。

すべての人が、同じ機能を必要とすることはありません。

ユーザがカスタマイズしたり、自分のさまざまなコンテンツ間や仲間内で辞書機能 を共有したり、文書フォーマットを共有するのに便利だと思っています。

  1. 外部ファイルにアクセスして変換するためのメンバ変数
  2. get_querys()で使用する配列の説明。
  3.  
  4.     "tenki"=>array(
  5.        'charset'=>'UTF-8',
  6.        'type'=>'contents',
  7.        'url'=>'http://www.odekake.biz/branch/?date=+++E_KEYWORD+++',
  8.        "response"=>"+++CONTENTS+++\n"),
  9.   ['type']
  10.         callback
  11.                関数による処理を行ったうえでコンテンツとする。
  12.         url function
  13.               クラス外部のメソッド
  14.               必須
  15.         contents
  16.                単純なレスポンスをコンテンツとする URL必須
  17.         link
  18.                a img用のURLとして
  19.  
  20.  
  21.     上記のtenki記法は、tenki>(today)になります。配列名>(クエリ)




Tags:

author:  Original Author <akio@tenman.info>
version:  CVS: $Id:$
copyright:  1997-2009 Akio Tenman
link:  http://text2html.sourceforge.jp/
license:  


[ Top ]


Class Variables

$content =

[line 271]


Type:   mixed


[ Top ]

$content_no =

[line 272]


Type:   mixed


[ Top ]

$default_txt2img = array("mikaP","13","class=\"text2image\"","0")

[line 254]

デフォルト値 文字列画像変換 


Type:   mixed


[ Top ]

$document =

[line 218]

変換ドキュメント テキストまたは html 


Type:   mixed


[ Top ]

$element =

[line 270]


Type:   mixed


[ Top ]

$footNote = array()

[line 242]

フットノート用の配列


Type:   mixed


[ Top ]

$footNoteList =

[line 248]

フットノート用html 


Type:   mixed


[ Top ]

$foot_note_document_format =  "<a class=\"foot-note\" href=\"#foot-note-%d\" name=\"anchor-foot-note-%d\" id=\"anchor-foot-note-%d\" title=\"脚注へ移動\">[%d]</a>"

[line 260]

フットノート用 htmlフォーマット


Type:   mixed


[ Top ]

$get_querys = array(
    "googlemaps"=>array(
        'charset'=>'UTF-8',
        'type'=>'link',
        'response'=>"<sup class=\"gmaps\"><a href=\"http://www.google.co.jp/maps?f=q&amp;hl=ja&amp;oe=UTF8&amp;ie=UTF8&amp;q=+++E_KEYWORD+++\" title=\"[ +++KEYWORD+++ 地図リンク]\">Map</a></sup>"),"qrcode"=>array('charset'=>'SHIFT_JIS','type'=>'link',"response"=>"<img src=\"http://www.odekake.biz/images/qr/qr_img.php?s=3&amp;v=0&amp;e=m&amp;d=+++E_KEYWORD+++\" alt=\"+++KEYWORD+++\" width=\"87\" height=\"87\" />"),"goo_search"=>array('charset'=>'UTF-8','type'=>'link',"response"=>"<a href=\"http://search.goo.ne.jp/web.jsp?PT=bb_tp&amp;from=query&amp;MT=+++E_KEYWORD+++&amp;web.x=54&amp;web.y=13&amp;DC=10\">goo検索+++KEYWORD+++</a>"),"pdf"=>array('charset'=>'UTF-8','type'=>'link',"response"=>"<a href=\"http://html2pdf.biz/api?url=+++E_KEYWORD+++&amp;ret=pdf\">+++KEYWORD+++PDF</a>"),"wareki"=>array('charset'=>'UTF-8','type'=>'contents',"url"=>"http://www.tenman.info/cake/answers/view/+++E_KEYWORD+++.answer","response"=>"+++CONTENTS+++\n"),"円グラフ"=>array('charset'=>'UTF-8','type'=>'query',"response"=>"<img src=\"http://graph.heartrails.com/api/?+++E_KEYWORD+++\" alt=\"+++KEYWORD+++\"  />\n"),"郵便番号"=>array('charset'=>'UTF-8','type'=>'callback','function'=>'postal_code','url'=>'http://zip.cgis.biz/xml/zip.php?zn=+++E_KEYWORD+++',"response"=>"+++CONTENTS+++"),"wikipedia"=>array('charset'=>'UTF-8','type'=>'callback','function'=>'simpleapi_wikipedia','url'=>'http://wikipedia.simpleapi.net/api?keyword=+++E_KEYWORD+++&output=php',"response"=>"+++CONTENTS+++"),"meter"=>array('charset'=>'UTF-8','type'=>'query',"response"=>"<img src=\"http://chart.apis.google.com/chart?chs=225x125&cht=gom&+++E_KEYWORD+++\" alt=\"+++KEYWORD+++\"  />\n"),)

[line 284]

外部クエリ オプション


Type:   mixed


[ Top ]

$header_info = array()

[line 230]

TOCに必要な内容が、配列に入っています。


Type:   mixed


[ Top ]

$hyper_link_format =  "<a href=\"%s\" %s >%s</a>"

[line 266]

ハイパーリンク用 htmlフォーマット


Type:   mixed


[ Top ]

$midasilist =

[line 236]

TOC用html 


Type:   mixed


[ Top ]

$source =

[line 224]

変換ドキュメント htmlソース


Type:   mixed


[ Top ]

$trackback_html_code_format =  "<div class=\"trackback\"><span>トラックバック:\"%s\"</span><br />Track back URL:<input type=\"text\" value=\"%s%s\" accesskey=\"%s\" tabindex=\"%s\" /><br /><script type=\"text/javascript\" src=\"%s%s\"></script>\n</div>\n"

[line 278]

トラックバック用 htmlフォーマット


Type:   mixed


[ Top ]

$version =  ''

[line 212]

Version of text2html


Type:   mixed


[ Top ]

$wm =

[line 269]


Type:   mixed


[ Top ]



Class Methods


constructor trans [line 344]

trans trans( [htmlコード混在文字列 $document = null])

コンストラクタ

$text2html = new trans("文字列"); 文字列は、省略可能です。  




Parameters:

htmlコード混在文字列   $document  

[ Top ]

destructor __destruct [line 352]

void __destruct( )



[ Top ]

method align [line 1418]

void align( $document, [ $element = "h2"], [ $wm = '*'], [ $content = 'span'], [ $attr = ''], [ $content_attr = ''], [ $description = ''])

テキストの中央そろえ、右そろえ



Parameters:

   $document  
   $element  
   $wm  
   $content  
   $attr  
   $content_attr  
   $description  

[ Top ]

method block_tag [line 1927]

<$element block_tag( [element|attribute|string] $text)

ブロックタグの記述



Parameters:

[element|attribute|string]   $text  

[ Top ]

method breaker [line 2594]

void breaker( $matches)



Parameters:

   $matches  

[ Top ]

method clear_both [line 2608]

void clear_both( $text)

フロート解除



Parameters:

   $text  

[ Top ]

method code [line 1210]

void code( [ $document = ""], [ $element = "pre"], [ $wm = 'code:'], [ $content = 'code'], [ $attr = ''], [ $content_attr = ''], [ $description = ''])

htmlコードの入力



Parameters:

   $document  
   $element  
   $wm  
   $content  
   $attr  
   $content_attr  
   $description  

[ Top ]

method code_color [line 2945]

void code_color( $matches)

 ソースコード表示時のコード装飾用 

コールバック関数




Parameters:

   $matches  

[ Top ]

method convert_image [line 2186]

image convert_image( string $string, [ $gd_set = array("mikaP","13","class=\"text2image\"","0")], [ $element = "p"])

文字列の画像への変換 GD2必要です。文字列の改行はできません。



Parameters:

string   $string  
   $gd_set  
   $element  

[ Top ]

method element [line 1486]

void element( $document, [ $element = "h2"], [ $wm = '*'], [ $content = 'span'], [ $attr = ''], [ $content_attr = ''], [ $description = ''])

汎用 ブロックエレメント

主には、見出し用です。




Parameters:

   $document  
   $element  
   $wm  
   $content  
   $attr  
   $content_attr  
   $description  

[ Top ]

method encode_query [line 2316]

URLエンコードした文字列 encode_query( $text)

指定部分をURLENCODE

記法 query>(文字列)




Parameters:

   $text  

[ Top ]

method foma_movie [line 2287]

html foma_movie( $text)

foma 携帯の3gpファイルをhtmlに変換して戻します。

記法 url(拡張子.3gp)




Tags:

return:  code objectelement


Parameters:

   $text  

[ Top ]

method footnote [line 746]

foot footnote( 脚注位置 [foot_note] $document, [ $keyword = "[foot_note]"])

脚注

フットノート記法《この括弧の中の文字列は、脚注として、ページ内の指定場所にまとめて表示します。》 現在のところ、脚注記法内で、改行は使えませんが、htmlタグが使えます。




Tags:

return:  note


Parameters:

脚注位置 [foot_note]   $document   and 文中に《フットノートを一行で書く》
   $keyword  

[ Top ]

method free_marker [line 1120]

void free_marker( $document, [ $separator = "\n"], [ $element = "ul"], [ $wm = '-'], [ $content = 'li'], [ $attr = ''], [ $content_attr = ''], [ $description = ''])

入れ子なしで、改行を使える変換

行頭には、自分の覚えやすい言葉、必要によっては、正規表現も使えます。




Parameters:

   $document  
   $separator  
   $element  
   $wm  
   $content  
   $attr  
   $content_attr  
   $description  

[ Top ]

method get_querys [line 438]

void get_querys( $text)

記法 外部APIの参照、リンク作成等のユーザ設定

使い方 文中に key>(文字列) というパターンで記述したものがターゲットになります。 ユーザ設定の変換パターンですから、事前に準備が必要です。

  1.  
  2.  例:
  3.  クラスget_query配列に、以下のように登録します。
  4.     "wareki"=>array(
  5.        'charset'=>'UTF-8',
  6.        'type'=>'contents',//contentsは、返却値(html)をそのまま表示します。
  7.        'url'=>'http://www.tenman.info/cake/answers/view/+++E_KEYWORD+++.answer',
  8.        "response"=>"+++CONTENTS+++\n"),
 この場合、typeは、contentsですから、wareki>(1980) というパターンが見つかると  wareki>(1980)をレスポンスで置換します。

 山田太郎は、wareki>(1980)年に仙台に赴任 と記述すると 山田太郎は、昭和55年に仙台に赴任 と変換することが出来ます。

この機能をご利用になる場合、php.iniでallow_url_fopen が有効である必要があります。  外部のサービスを利用する場合、意図しない変換結果になることもあります。  この変換には、htmlタグで利用される&lt;を使用します。  ブログプラグインなどとして利用した場合、エスケープされることがあります。




Parameters:

   $text  

[ Top ]

method image [line 2337]

void image( http://www.example.com/example.jpg $text)

画像表示 class= "ins_img" max=999px



Parameters:

http://www.example.com/example.jpg   $text  

[ Top ]

method img_copy [line 1666]

void img_copy( $buffer)

画像コピー

WEB上の画像をコピーして、自分のWEBサイトにサムネールを作成し、コピー元にリンクします。




Parameters:

   $buffer  

[ Top ]

method inline [line 768]

指定部分にインラインタグ挿入 inline( [ $document = null], [ $element = "span"], [ $wm = '^^'], [ $content = ''], [ $attr = ''], [ $content_attr = ''], [ $description = 'span'])

  インライン 文字列の前後を、ほかと区別できるパターンではさみ、そのパターンがドキュメントにあった場合に、htmlタグに置き換えます。



Parameters:

   $document  
   $element  
   $wm  
   $content  
   $attr  
   $content_attr  
   $description  

[ Top ]

method inline_tag [line 1886]

<$element inline_tag( [element|attribute|string] $text)

インラインタグの記述



Parameters:

[element|attribute|string]   $text  

[ Top ]

method interlinear [line 2589]



行間を指定する。

行頭に、行間20:と書くことで、通常より行間を20px広くします。




Tags:

return:  style="line-height:20px;" />


Parameters:

行間20:   $text  

[ Top ]

method keyword_change [line 1758]

void keyword_change( $document)

dt要素をdd要素に置換します。

  1. <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
  2. <change>
  3. <dl>
  4. <dt>[alert]</dt>
  5. <dd>&amp;lt;strong style=&amp;quot;color:red&amp;quot;
  6. &amp;gt;!&amp;lt;/strong&amp;gt;</dd>
  7. </dl>
  8. </change>




Parameters:

   $document  

[ Top ]

method keyword_change_inline [line 1830]

指定位置に、挿入済みのhtmlドキュメント keyword_change_inline( $document, [ $separator = "\n"])

インライン置換

  1.  同一文書中の<!--%name%-->と、
  2. 【name】
  3. ドキュメントなど
  4. /name】
  5.  部分を置換します。
  6.  
  7.  編集画面のhtmlコードと、ドキュメントの分離ができます。




Parameters:

   $document  
   $separator  

[ Top ]

method last_job [line 704]

ソースビュー last_job( [htmlドキュメント $document = null])

変換後の、htmlソースのセット、段落記法、を行います。

  1.  htmlソースへのアクセスは、
  2.  $t             new trans($document);
  3.  $document     $t->text2html();
  4.  echo $t->sourceのように行ってください。




Parameters:

htmlドキュメント   $document  

[ Top ]

method link_title [line 2504]


  リンクの作成

URL(リンクのタイトル)と書くことで、テキストリンクを作成します。

http://www.example.com/(b:リンクのタイトル)と書くことで、ターゲットブランクのリンクを作ります。

http://www.example.com/(b:title)と書くことで、リンク先タイトルを取得してリンクを作ります。  




Tags:

return:  href="http://www.example.com/" onclick="this.target='target';" onkeypress=\"this.target='target';">linktext</a>


Parameters:

http://www.example.com/([b,t,s]:linktext)   $text  

[ Top ]

method lists [line 849]

html lists( [String $document = ""], [ $element = "ul"], [ $wm = '-'], [ $content = 'li'], [ $attr = ''], [ $content_attr = ''], [ $description = ''], [ $write_menber = true])

  入れ子リスト

行頭の記号(一文字)を使って親と子(ul,ol と li)からなるhtmlブロックを入れ子可で作成します。

行頭の文字列の繰り返しにより、リストが何の子要素になるか指定できます。




Tags:

return:  markuped document


Parameters:

String   $document  
   $element  
   $wm  
   $content  
   $attr  
   $content_attr  
   $description  
   $write_menber  

[ Top ]

method maillink [line 2061]

html maillink( $text)

メールアドレスをリンクに置換

mail>(メールアドレス)と書くことで、メールリンクを作成します。

記法 mailaddress




Tags:

return:  code maillink


Parameters:

   $text  

[ Top ]

method multi_title_get [line 2358]

array multi_title_get( $text, [int $timeout = 12], array $url_list)

外部タイトル取得付リンク



Tags:

return:  取得したソースコードの配列


Parameters:

array   $url_list   URLの配列
int   $timeout   タイムアウト秒数 0だと無制限
   $text  

[ Top ]

method note [line 2695]

Array(id(int),"anchor-foot-note-id","foot-note-id","footnote.string") note( String $text)

フットノートのための配列を保存フットノート用のリンクを作成。

《文字列》《》で囲まれた文字列範囲は、フットノードにまとめて記述します。




Parameters:

String   $text  

[ Top ]

method read_php [line 2625]

PHPvalue read_php( String $text)

  PHPスクリプトとして評価して、結果を返す

eval>[date("ymd")]と書くことで、テキストを、PHPとして表示します。




Parameters:

String   $text  

[ Top ]

method result_encoding [line 2722]

void result_encoding( $text)

エンコーディング変更 $_GET['e']で切り替え



Parameters:

   $text  

[ Top ]

method ruby [line 1966]

$word$kana ruby( ruby>(文字列:ルビ) $text)

IE用のルビを表示する

ruby>(難しい漢字:ルビを記述)と書く事で、文字列にるぴを振ります。(IE用)




Parameters:

ruby>(文字列:ルビ)   $text  

[ Top ]

method set_source [line 2833]

ソースビュー set_source( [htmlドキュメント $document = null], [ $return = null])

ソースデータのセット

htmlソースの表示は、 $t = new trans($document); $document = $t->text2html(); echo $t->source;




Parameters:

htmlドキュメント   $document  
   $return  

[ Top ]

method sound [line 2263]

html sound( $text)

サウンドファイル quicktime

記法 quicktime>(ファイルのURL)




Tags:

return:  code objectelement


Parameters:

   $text  

[ Top ]

method style_set [line 2853]

String style_set( String $str)

ソースの簡易整形



Tags:

return:  (html source view)


Parameters:

String   $str   (html markup document)

[ Top ]

method swf [line 2302]

html swf( $text)

swfファイルをhtmlに変換して戻します。

記法 url.swf?w=幅h=高さ




Tags:

return:  code objectelement


Parameters:

   $text  

[ Top ]

method table [line 1286]

void table( $document, [ $element = "table"], [ $wm = ":"], [ $content = ':'], [ $attr = ''], [ $content_attr = ''], [ $description = ''], [ $content_separator = '|'])

テーブルの作成

エクセルファイルの貼り付けも 簡単に




Parameters:

   $document  
   $element  
   $wm  
   $content  
   $attr  
   $content_attr  
   $description  
   $content_separator  

[ Top ]

method tag_br [line 370]

String tag_br( String $text)

タグの内側のクリーンアップ

必須処理です $text2html->tag_br($text);

タグの内側の改行を削除します(行頭code:を除く) phpのコード<?php ?>内の改行も削除します。 

delete_break()コールバック関数を必要とします。




Tags:

return:  html code clean


Parameters:

String   $text   html code

[ Top ]

method tag_clear [line 2964]

void tag_clear( $text)

 改行の繰り返しを制限する。



Parameters:

   $text  

[ Top ]

method text2html [line 633]

html text2html( [html $document = null])

このクラスのすべての変換を実行します。

$text2html = new trans(); echo $text2html->text2html('文字列');

htmlドキュメントとして必要な場合は、 html_document1($ini_array,$documents,$navi="",$source = "")が付属しています 〔クラスメソッドではありません。使いづらければ、お好きなようにカスタマイズ。〕

$ini_array = parse_ini_file("sample.ini", true); sample.iniは、php.ini形式で記述、以下のように値をセットしてください。

  1.  ;PHP5用です。以下のようにsample.iniに記述します。
  2.  ;セミコロンがエスケープです
  3.  
  4.  [html_header]
  5.  
  6.  charset "UTF-8"
  7.  title "sample"
  8.  author "sample"
  9.  keyword "sample"
  10.  description "sample"
  11.  mail = "sample"
  12.  stylesheet "http://127.0.0.1/css/base.css"
  13.  style_media "all"
  14.  start "/"
  15.  prev = "prev.html"
  16.  next = "next.html"
  17.  help "help.html"
  18.  
  19.  embed ="""
  20.  <style type='text/css'>
  21.  <![CDATA[
  22.  body{
  23.      text-align:center;
  24.      background:#eee;
  25.      margin:0;
  26.      padding:0;
  27.  }
  28.  ]]>
  29.  </style>"""




Tags:

return:  document


Parameters:

html   $document   document

[ Top ]

method text2html_change_word [line 812]

ファイルに、プリセットした値で、文字列の置換 text2html_change_word( $text)

  ファイルから文字列置換

セパレータで区切られた、行の前半部分のテキストを、後半部分で置換します。 このメソッドは、コンストラクタで他の処理に先立って行われます。




Parameters:

   $text  

[ Top ]

method toc_list [line 722]

TABLE toc_list( [[head_line] $document = null], [ $keyword = "[head_line]"])

見出しリストを[head_line]位置に挿入して、返します。

この見出しリストは、行頭にアスタリスクを記述する見出し記法を使った見出しをリストにします。 通常のhtmlエレメントを記述した場合には、このリストには、含みません。




Tags:

return:  OF CONTENTS h2-h6


Parameters:

[head_line]   $document  
   $keyword  

[ Top ]

method trackback [line 1997]

void trackback( $text)

trackback リンクの作成 別途トラックバック受け付け用のプログラムが必要です。

trackback>(トラックバック用のキーワード)と書くことで、文中に自由にトラックバックエリアを作成できます。

リンク済みのものは、サンプルです。




Parameters:

   $text  

[ Top ]

method txt2img [line 2146]

<{$element} txt2img( 文字列 $buffer)

文字列を画像へ変換し、指定したエレメントの背景として挿入

書き方1:pen>(ここに何か文字を記述します。)

書き方2:pen>(htmlエレメント例 h3:フォントプロパティ:ここに何か文字を記述します。)

フォントプロパティは、font/font.inc に定義すると、自由にカスタマイズできます。

$mikaP13 = array("mikaP","13","class=\"text2image\"","0");

$mikaP13 の\$を除いたものが、フォントプロパティです。

$フォントプロパティ = array("ttfファイル名の拡張子を除いたもの","ピクセルサイズ","htmlアトリビュート","背景画像png なければ 0");




Tags:

return:  style=\"height:{$height}px; width:{$width}px;background:url($image_file_name); background-repeat:no-repeat;\"> \n\t<span style=\"display:none;font-size:{$fontsize}px;\"> $string</span></{$element}>


Parameters:

文字列   $buffer  

[ Top ]

method youtube [line 2092]

youtube youtube( youtube $text)

youtube link

 youtube>(URL)と書くことで、Youtubeへのリンクを作成します。




Tags:

return:  link


Parameters:

youtube   $text   url

[ Top ]


Documentation generated on Mon, 19 Jan 2009 13:42:17 +0900 by phpDocumentor 1.4.2